さあ大変!相続税の計算あれこれ

相続税を計算するための基礎知識

相続税は故人の財産を受け取る際に払わなければならない税金です。実際その立場にたってからでは混乱しそうな専門用語もありますので、簡単に説明します。
まず基礎控除額という、一定額を超えなければ相続税がかからない額があります。式は「3000万円+法定相続人数×600万円」です。法定相続人が3人の場合には、当てはめると4800万円となり、それを超えなければ相続税は発生しません。もしも超えていれば遺産総額から基礎控除額を引き、残った部分に税金が課せられます。
次に、遺産の分配方法は相続人の関係によって変化します。基本的に配偶者と子ですが、配偶者にまず1/2、子はその残りを兄弟の人数で割ります。分配後は国税庁のHPにある相続税の速見表に従って計算します。この速見表内にも控除額があるので、紛らわしいですが注意しましょう。分配された遺産額×税率-控除額=相続税です。
最後に相続人全員の相続税額を一旦合計し、実際に支払われる割合に応じ再分割します。その際、配偶者控除があるため、配偶者は1億6000万円までなら相続税はかかりません。

例を交えて実際の計算方法

順を追って説明してきましたが、言葉だけでは伝わりにくいので、実際に計算してみましょう。相続する遺産額が2億円、妻と子2人の計3人が相続人と仮定します。
まず、先の例で述べた通り基礎控除額は4800万円なので、差し引いた1億5200万円に税金がかかります。次に、実際に支払われる額に関係なく法定相続割合で分配すると、妻に1/2の7600万円、子は1/4の3800万円ずつ分けられます。
ここで相続税の速見表に従って税額を計算します。1億円以下は税率30%控除額700万円、5000万円以下は税率20%控除額200万円です。従って、妻7600万円×30%-700万円=1580万円、子それぞれ3800万円×20%-200万円=560万円となり、3人が支払う相続税の合計は2700万円になります。
この合計を再度割り振ると、妻2700万円×1/2=1350万円、子それぞれ2700万円×1/4=675万円になります。しかし配偶者控除があるため、妻は相続税が免除になり、結果的に3人の合計相続税は1350万円となります。
落ち着いて順を追えば、難しい計算はありません。冷静に一つ一つを自分に当てはめてみましょう。

© Copyright Inheritance Tax Legislation. All Rights Reserved.